保険の見直しをする時期はいつ?

保険の見直しをするタイミングはいつ?

保険を見直す時期はいつがいいのか?自分の保険を見直す時期はいつなのか?など、保険を見直す時期について、簡潔にまとめてみました。

保険を見直した方がいい理由は?

現在なんらかの保険に加入している方は日本全体の約90%だと言われています。

そしてその中でもほとんどの方が親戚や友人、会社の付き合いなどで保険の営業に勧められるまま加入したきりではないでしょうか?

保険というのは金融商品であり、社会の情勢などで変化していくものでもあります。なので、一度入ったきりで放置したままだと、気付いた時には多額の無駄なお金を払っている場合あります。

そして恐ろしいのがこの事に気付くのは既に長い時間保険料を払ってからじゃないと気付けないことです。

それどころか、気付かずに定年を迎え、知り合いと収入に大きく差をつけられているなんてことになります。

もちろん自分の担当の保険の営業に聞けばある程度は改善されますが、それも、その営業が勤めている保険会社が提供している内容だけになります。

人間関係故に「保険の見直し」を後回しにしがちですが、時間が経てば経つほど、損をすることになります。

また、「保険の見直し」をした結果自分の保険が適正と分かれば不安は解消されストレスのない人生を送れるようになります。

保険は一生付いて回る問題ですので、是非検討してみてください。

いつ見直せばいいの?

ですが、いざ保険を見直そうと思っても、あまり緊急性は感じられず、今すぐ行動を起こそうと思う方は少ないかもしれません。

ですので、ここでは「保険の見直し」をした方がいい大まかなタイミングをお教えたいと思います。

社会人になった時

社会人となって、これから様々な経験をしていく中で保険への加入も検討しましょう。万一の怪我や病気に備えて日頃から備えておくことが社会人の第一歩です。

また、社会人となった場合、仕事上の付き合いや知り合いが増えますので、そこで加入を勧められる場合が多いでしょう。

少額の保険でも相手の顔が立ちますし自分自身もいざという時に必要なものなでので損ではないはずです。

付き合いで入ることも社会で生きていく上では大切なことなので検討してみてください。

結婚した時

結婚した際にも保険の見直しをすることをお勧めします。別々に入っていた保険を一つにまとめ、受取人の確認も忘れないようにしましょう。

バラバラの保険をまとめる際には、「保険の無料相談」がお勧めです。

子供が生まれた時

お子さんが生まれた時も保険を見直す絶好のタイミングです。家族の生命保険だけでなく、お子様の将来のために学資保険などの検討も視野に入れましょう。

住宅を購入した時

実はファイナンシャルプランナー(FP)は保険の見直し以外にも「住宅ローン」についても相談できます。

住宅を購入される際に自分の収入に見合った価格などが知りたい場合や支払いについての漠然とした不安なども相談にのってくれます。

独立or開業

自営業の方で法人化される際にも保険の見直し時です。保険もそうですが、ファイナンシャルプランナー(FP)への相談も検討に入れましょう。

税理士などには税金の関係で相談される方も多いですが、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談される方は少ないようです。

定年退職した

サラリーマン生活を終えて定年退職を迎えた時も保険の見直し時期です。これまでの生活とは収入面で変わってきますので、保険を変えると言うよりはこれまでの保険の整理と考えましょう。

今後のために見直したほうがいい保険もあるかもしれません。