生命保険のおすすめの選び方は?

保険の種類やその違いとは?

複雑に感じる生命保険の種類は実はなんと3種類だけなのです!「定期(掛け捨て)」「養老」「終身」と各種類の特徴と違いをわかりやすく説明します!

生命保険、医療保険、ガン保険に介護保険、様々な保険が日々発売される中で本当に自分にあった保険はどのように選んでゆけばよいのでしょう。ここでは保険の基礎知識から自分のニーズに合わせた選び方・見直し方まで、いろいろな観点から保険の知識をご紹介します。

保険の基本のカタチ

生命保険と聞くととても多くの種類が存在しているように見えてとても難しく感じてしまうのですが、実際は、保険には3種類のカタチしかありません。

「定期保険」
「養老保険」
「終身保険」

がその基本的な3種類で、多くの生命保険はその3種類の形の組み合わせで形成されています。
ここではその保険の基本的な説明と、その保険のカタチを基本に発展したバリエーションをご紹介します。

定期保険

定期保険

特徴

死亡保障を目的とした保険で、一定の保険期間中に被保険者死亡したとき、死亡保障が支払われますが、満期保険金はありません。

満期保険金や解約返戻金をためられるタイプではないため、いわゆる掛け捨てタイプの保険といわれます。

バリエーション

一定期間ごとに保険金が増加する「逓増定期保険」や、逆に一定期間ごとに保険金が減少する「逓減定期保険」、保険金の支払い方法が年金支払いになっている「収入保障保険」などがあります。

終身保険

終身保険

特徴

死亡保障が一生涯続き、死亡したとき、死亡保険金が支払われます。保険料払込満了時には、一生涯の保障に代えて年金移行できるものなどもあります。

終身保険には満期がなく、保険金を受け取るまで、あるいは解約するまでに、解約返戻金が所定の利率で増えていく貯蓄タイプの保険といわれることもあります。

バリエーション

終身保険の保険料払い込みが一時払いのものや一定年齢または一定期間で満了する「有期払タイプ」、一生涯払い込む「終身払タイプ」があります。

養老保険

養老保険

特徴

保険期間と保険金額が同一の定期保険と生存保険を組み合わせたもので、死亡したときに死亡保険金が支払われ、満期時に生存しているときは満期保険金が支払われます。

養老保険は満期時には必ずあらかじめ設定された保険金が支払われますが、そのために支払うべき保険料も、他の保険のカタチより高額になる場合があります。

バリエーション

死亡したときは満期保険金の5倍、10倍、20倍といった死亡保険金が支払われる「定期保険特約付養老保険」などがあります。

このように、いつまで保障があればいいのか、貯蓄も兼ねられるほうがいいのかなど、契約者のニーズに合わせて内容や期間を組み合わせたり、また現在継続中の保険がある場合も、万一の際に保障が受けられないのでは生命保険の意味がありませんので、あらためて現在の保険証券の確認をしておくことも大切と言えます。